酒気帯び疑い在沖米兵逮捕 クラスター発生の基地所属

沖縄県警那覇署は25日、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で、米軍基地キャンプ・ハンセン(同県金武町など)所属の米海兵隊員の伍長(24)を現行犯逮捕した。ハンセンでは新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、政府や県が米兵らの行動制限の厳格化などを求めているが、規律が徹底していない状況が浮き彫りになった。

逮捕容疑は25日午前0時過ぎ、那覇市松山の市道で、酒気を帯びた状態でミニバイクを運転したとしている。

那覇署によると、ヘルメットを着用せずに2人乗りで走っていたミニバイクを警察官が発見。運転していた伍長の呼気から基準値の約3倍のアルコールが確認されたため現行犯逮捕した。後ろに乗っていたのも米海兵隊員だった。

伍長は24日の夕方から深夜にかけ、那覇市内のバーでビールやウイスキーを飲んでいたとみられる。調べに対し、「酒は飲んだが、検挙されるほど残っているとは思わなかった」と話しているという。

県内では21日にもハンセン所属の米兵が酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕される事件が起きている。