脱線現場近くで犠牲者追悼 山形、羽越線事故16年

羽越線列車脱線事故の慰霊式で黙とうするJR東日本の深沢祐二社長(右端)ら=25日午前、山形県庄内町
羽越線列車脱線事故の慰霊式で黙とうするJR東日本の深沢祐二社長(右端)ら=25日午前、山形県庄内町

平成17年に山形県庄内町でJR羽越線の特急列車が脱線し、乗客5人が死亡、運転士を含む33人が重軽傷を負った事故から16年となる25日、現場近くで慰霊式が開かれた。

式には、遺族やJR東日本の深沢祐二社長らが出席。式典後、深沢社長は取材に応じ「改めておわび申し上げる。社員への訓練や研修など、風化させない取り組みを続けていきたい」と話した。

17年12月25日夜、秋田発新潟行き特急いなほ14号(6両編成)が突風を受け脱線し、横転した1、3両目が道路脇の小屋に突っ込んだ。JR東は29年、突風を予測するドップラーレーダーを設置。昨年からは、突風の探知に人工知能(AI)を活用している。