尾車部屋が初場所後に閉鎖へ 大相撲

尾車親方
尾車親方

大相撲の尾車親方(64)=元大関琴風、本名・中山浩一、三重県出身=が25日、報道陣の電話取材に応じ、尾車部屋を初場所(来年1月9日初日、両国国技館)限りで閉鎖することを明らかにした。同親方は来年4月に65歳。日本相撲協会の定年を迎える。

来年3月の春場所で拠点としていた堺市の宿舎が諸事情で使用できず、定年前に決断。「やり切った思いがあるので悔いはない」と話した。

部屋付きの押尾川親方(元関脇豪風)が既に独立の準備を進めており、初場所後の理事会で承認を諮る予定という。認められれば、自身や所属力士らは「押尾川部屋」へ転籍する見込み。

尾車親方は昭和62年3月に佐渡ケ嶽部屋から独立し、部屋を創設。豪風や嘉風(元関脇=現中村親方)ら多くの関取を育てた。部屋最後の本場所となる初場所へ「いい相撲を取って、できればいい成績で彼らを送り出したい」と語った。