衛星データが、雑草の“侵略”からアフリカを救う

西アフリカの国・ベナンでは、湖面にはびこる水草に対処するために衛星データを活用する試みが始まっている。このプロジェクトを支えるのは、発展途上国が衛星データを活用しやすくすることを目指す米航空宇宙局(NASA)のプログラムだ。

TEXT BY RAMIN SKIBBATRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

美しい花も、ときに悪者になる。一見すると無害に見える薄紫色の花びらと青々とした緑の葉をもつ水草のホテイアオイが、西アフリカや中央アフリカの熱帯地域を“侵略”しているのだ。

被害を受けている国のひとつがベナンで、湾岸近くの都市コトヌーのノクエ湖には湖面を覆い尽くす勢いでホテイアオイが繁茂している。この数十年でいくつもの茂みを形成しながら増殖してきたこの植物は、湖に入る日光をさえぎり、在来の植物や野生動物を追い出し、河川や灌漑用水路をふさぎ、村に住む人々の移動や漁猟を妨げてきた。

人工衛星のデータで雑草に対処する

こうしたなか宇宙技術が解決にひと役買うかもしれないと、ダニエル・ウッドは考えている。彼女は米航空宇宙局(NASA)からマサチューセッツ工科大学(MIT)に移って間もない2017年にカンファレンスでベナン人起業家と出会い、その人物に招かれベナンを訪れた。そこでウッドは、生い茂る雑草に人工衛星のデータを活用して対処する方法を探り始めたのだ。

ウッドはMITメディアラボの研究グループであるSpace Enabledのディレクターを務めている。彼女の研究チームはこのほど学術誌『Frontiers in Climate』に論文を発表し、地球観測技術によって人間が行きづらい場所をマップ化・モニタリングし、地元の意思決定に役立ててもらう方法を紹介した。この論文では、人工衛星やドローン、湖に設置したセンサーから集めたデータを使い、ベナン国内のさまざまな団体がどのようにホテイアオイの問題に対処しているのかが具体的に説明されている。

欧米の企業や行政機関はこうした技術を利用する機会に恵まれているが、それ以外の国々ではそうとも限らない。そこでNASAと米国際開発庁(USAID)が、こうした技術を発展途上国でも使えるようにする「SERVIR」と呼ばれるプログラムを主導している。ウッドらのチームも、このプログラムのリソースを使った。

ベナンでのプロジェクトについて、ウッドはこう説明する。「わたしたちの目標は、宇宙、空、水中から集めたデータを使い、コスト的にも実務的にも無理のない方法で現状を把握できるようにすることです」

プロジェクトの実装を手伝ったのは、ウッドの研究グループの一員で博士課程の学生でもあるウフオマ・オヴィエンムハダだ。彼女はGreen Keeper Africa(GKA)という企業のマネージングディレクターでもあるベナン人医師のフォラ・ムフタウと協力しながら活動している。ムフタウの目的は、中南米アマゾン流域から入ってきたホテイアオイを一掃することではない。むしろ、自分たちの地域でうまく活用したいと考えているのだ。

ホテイアオイの花は油性の汚染物質を吸収する有機繊維に加工でき、海面に流出した石油の吸収や、油や酸、塗料の拭き取りなどに利用できる。そしてGKAは、湖の近くに住む女性たちをはじめとする地域住民を数百人規模で雇用し、ホテイアオイを採集して繊維へと加工する事業を手がけている。そんなムフタウらが何よりもまず知りたいのは、刈り取りのための人手をどこに重点的に投入すべきかということである。

オヴィエンムハダは以前から湖の上空や周辺にドローンを飛ばし、ホテイアオイの生育場所や成長の速度を示す高解像度の写真を収集していた。しかし、ドローンの飛行範囲やバッテリーの持続時間には限界がある。それに比べて衛星データの内容は充実していた。研究チームは可視光線と近赤外光で撮影された周辺地域全体の画像を収集し、加えて無線レーダーとマイクロ波レーダーからのデータも集めたという。

次にオヴィエンムハダは集めたデータを、NASAによって衛星軌道から撮影された1980年から現在までの画像と比較してみた。「ほかのデータに比べ、衛星データは撮影範囲が広かったり過去の画像が長期にわたって保存されていたりといった長所があります。おかげでホテイアオイの生育の傾向を分析できました」