五輪のレガシー

努力は裏切らない  パリで「金」を射抜け アーチェリー・古川高晴さん

圧倒的な練習量が自信につながっている=14日、奈良県生駒市の近畿大学総合グラウンド洋弓場(南雲都撮影)
練習するアーチェリー東京五輪銅メダリストの古川高晴選手=14日、奈良県生駒市の近畿大学総合グラウンド洋弓場(南雲都撮影)

日本勢による空前のメダルラッシュとなった今夏の東京五輪・パラリンピックは、関西でもさまざまなレガシーを残した。選手らは次のパリ五輪をにらんで始動し、各地域では五輪競技を支援する動きも拡大。五輪のレガシーをつなぐ関西各地の取り組みを紹介する。

苦しい戦い

「『感謝』の思いが何倍も強くなった1年。うれしいことが多かった」

東京五輪で銅メダル2つ、五輪での累計メダル数が日本アーチェリー界最多となった古川高晴さん(37)=近畿大職員=はメモリアルイヤーを穏やかに振り返る。だが、東京五輪は経験したことのない「苦しい戦い」でもあった。

長年照準を合わせてきた自国開催。だが、新型コロナウイルスの影響で無観客試合となり、会場での声援はない。「五輪とは思えない違和感の中での試合だった」という。フォームを崩す調整ミスもあり、予選は46位。「ボロボロ。経験したことがない順位」と出遅れた。気持ちは落ち込んだ。

翌朝、妻へ電話をかけた。「悔しくて全然寝られなかった」と話すと「私も」という返事。妻の両親も含め「一緒に戦ってくれているんだな」と思い、勇気づけられた。信頼を寄せる近畿大洋弓部の山田秀明監督や金清泰(キムチョンテ)コーチから「ここから立て直すのが古川だ」と励まされた。

本来の実力

周囲への感謝の思いがさらに強くなり、メダルへ挑んだ団体戦、そして個人戦。予選が悪すぎて「逆に開き直れた」。メダルの可能性を高めようと、10点満点を射貫くイメージのフォームを心掛け、本来の調子を取り戻した。

東京五輪の収穫は「練習を人一倍やり、本来の実力を出せば世界で戦えるという自信になった」と語る。1日に放つ矢は400~500本。他の選手より練習量が多いとの自負がある。

70メートル離れた場所から直径122センチの的をめがけて矢を放つ五輪のアーチェリー。的は同心円状に外側から内側に向かって得点帯があり、最も中心部にある10点満点の円の直径はわずか12・2センチとCDやDVDとほぼ同じ大きさ。強靱(きょうじん)な精神力、集中力が必要だ。

練習に向かうアーチェリー東京五輪銅メダリストの古川さん=14日、奈良県生駒市の近畿大学総合グラウンド洋弓場(南雲都撮影)
練習に向かうアーチェリー東京五輪銅メダリストの古川さん=14日、奈良県生駒市の近畿大学総合グラウンド洋弓場(南雲都撮影)

過去の試合を自己分析し、いかなる状況でも平常心を発揮できるよう、メンタル(精神)面を鍛えることを心掛けてきた。「メダルをとる方法として正しかった」と振り返る。

偶然で運命

2004年のアテネ五輪から5大会連続出場、12年ロンドン大会の個人銀メダルと合わせて計3つのメダルをもつレジェンドは、運命にたぐり寄せられるかのように競技を始めた。

初の五輪出場となったアテネ五輪を前に、他の代表メンバーと練習する古川さん(中央)=平成16年6月
初の五輪出場となったアテネ五輪を前に、他の代表メンバーと練習する古川さん(中央)=平成16年6月

青森県での中学時代は英語部に所属。弓道の試合をみて「かっこいい。やってみたい」。高校では弓道部に入ろうと思った。ただ、進学した県立青森東高にはアーチェリー部しかなかった。「同じ弓だから」と始めると、早くも県大会の新人戦で優勝。3年時の高知国体でも優勝した。

当初は弓道部のある高校を志望していたが、進路変更した結果出会ったアーチェリー。そんな偶然がなければ「弓道部に入っていたと思う」と語る。

それから20年以上取り組むアーチェリーの魅力は「的の真ん中に当てたときの爽快感」と語る。一流選手でも10点を連続で射抜くのは至難の業だ。「簡単に10点が入れば、僕は飽きて競技をやめてしまっているかもしれない」。続けるほど奥深さを感じる。

6大会連続出場を目指す2024年パリ五輪は、39歳と円熟期を迎える。目標はもちろん「金メダル」。東京五輪では「あと1~2センチ内側に入っていたら、金メダルも狙えた」と今でも悔しさが残る。

「金メダルと同時に、ミックス(男女混合)でのメダルも目指したい」。五輪での忘れ物をとりにいこうと高みを目指す向上心は衰えない。(西川博明)

ふるかわ・たかはる 昭和59年生まれ、青森市出身。平成12年、青森東高でアーチェリーを始め、14年の高知国体優勝で頭角を現す。15年近畿大、19年から近大職員。2004(平成16)年アテネ大会以来5大会連続で五輪出場。12(同24)年ロンドン大会個人で銀、今夏の東京大会団体と個人で計銅2個。大阪府東大阪市在住。