オミクロン株 京都で確認の4人中3人が市中感染

京都府庁=京都市上京区(本社ヘリから)
京都府庁=京都市上京区(本社ヘリから)

京都府は25日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者4人を新たに確認したと発表した。うち3人に渡航歴はなく感染経路は不明で、市中感染とみている。ほかの1人も渡航歴はないが、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者という。いずれも軽症で入院している。府内の同株の感染者は計8人となった。

府によると、市中感染とみられるのは京都市の40代男性と、京田辺市の70代男性、宇治市の60代女性。このうち60代女性は、24日に感染が確認された女性2人と同じ職場という。ほかの京都市の40代男性は、オミクロン株感染が判明した人の濃厚接触者だった。

4人は19~22日に発熱などを発症。いずれもワクチンの2回目接種を終えていた。

4人の濃厚接触者は計5人という。