岩国基地のオミクロン感染は日本人男性

山口県は24日、同県岩国市の米軍岩国基地で勤務する30代の日本人男性従業員が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染したと発表した。基地内で感染した可能性があり、市中感染ではないとしている。男性は岩国市在住で、県は濃厚接触者と接触者計21人にPCR検査を実施。いずれも陰性と確認されたという。

県によると、男性に海外渡航歴はない。20日に喉の痛みなどが出て、22日に新型コロナ陽性と判明した。

米軍岩国基地は直近では22日に基地関係者1人が新型コロナに感染したと発表したが、これまでオミクロン株の有無については公表していない。

記者会見した村岡嗣政知事は、コロナ陽性者についてゲノム解析をしてオミクロン株感染かどうかを公表するよう、基地側に求める考えを示した。