浪速風

終止符を打つために

新型コロナウイルス禍が続く中で、2度目のクリスマスイブを迎えた。昨年12月25日の紙面を見てみると、英国で新たな変異株が確認されたニュースが報じられていた。英国の保健相は「感染力が強く、変異が進んでいるように見えるので、非常に懸念される」との見解を示していた

▶この冬は、さらに変異したオミクロン株が世界で猛威を振るっている。日本国内で初の市中感染も報告された。やっかいなウイルスは政府の水際対策の網をすり抜け、市中に染み出し始めているように映る。欧米での感染急拡大の様子からも、次の波が日本に襲来する懸念は拭えない

▶半世紀前に発売された『ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)』で、ジョン・レノンは「新しい年が恐れのない、良い年になったらいいね。君たちが望めば、争いは終わる」と歌った。コロナとの長い戦いに終止符を打つために、どう行動すべきなのか。望みをかなえる方法を、考えてみたい。