小中男子の体力、過去最低 コロナ影響

スポーツ庁は24日、小学5年と中学2年を対象に行った令和3年度全国体力テストの結果を公表した。握力や反復横跳びなど実技8種目を点数化した体力合計点の低下が目立ち、男子は小中ともに平成20年度の調査開始以降で最低となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校や緊急事態宣言の発令を受け、運動時間が減少したことなどが背景にあるとみられる。

体力テストは国公私立計約3万校の児童生徒約200万人を対象に今年4~7月にかけて実施。昨年はコロナ禍で中止となり、2年ぶりの調査となった。

テストの合計点(80点満点)は小5男子が52・5点(令和元年度53・6点)、女子が54・7点(同55・6点)。中2男子は41・1点(同41・6点)、女子が48・4点(同50・0点)と、男子がいずれも過去最低となり、全体でも低下が目立った。

種目別では、小中男女ともに反復横跳びや20メートルシャトルランで大幅に低下。中2のみの調査項目である持久走は、前回よりも男子(1500メートル)が7・2秒、女子(1千メートル)が7・7秒遅くなり、ともに過去最低となった。

スポーツ庁によると、体力合計点は近年低下傾向にあり、コロナ禍が拍車をかけた。昨年の一斉休校や緊急事態宣言の発令により、体育の授業や部活動が制限されたり、外遊びの機会が減ったりしたことで、子供たちが運動する機会を失ったことが一因とされる。担当者は「教員の研修会などで体力向上に向けた取り組みを発信していきたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細