モデルナワクチン1800万回分追加購入で合意

後藤茂之厚生労働相は24日の記者会見で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、来年1~3月に1800万回分を追加購入することでモデルナ社と武田薬品工業との間で合意したと発表した。合意は23日。来年分のモデルナ製のワクチンはすでに7500万回分を契約しており、今回と合わせて計9300万回分を確保したことになる。

後藤氏は「3回目の接種を着実に進められるよう、引き続き連携して取り組んでいきたい」と説明し、接種間隔の前倒しに関しては「(ワクチンの納入)時期も含め、前倒しについて積極的に検討していきたい」と述べた。