公明幹事長「判断尊重」 五輪政府代表派遣見送り

公明党・石井啓一幹事長(春名中撮影)
公明党・石井啓一幹事長(春名中撮影)

公明党の石井啓一幹事長は24日、政府が北京冬季五輪・パラリンピックに政府代表団の派遣を見送る方針を発表したことについて、「政府がさまざまな事情を総合的に勘案し、判断された。政府の判断を尊重したい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

石井氏は、中国当局による香港や新疆ウイグル自治区などでの人権弾圧の現状について記者団に問われると、「国際社会から具体的な懸念の声も出ている。その懸念を公明としても共有しているという立場だ」とし、「中国側には透明性をもって説明責任を果たしていただきたい」と語った。