部下12人に暴力繰り返す 巡査部長を処分

部下へのパワハラがあったとして、広島県警は24日、警察署勤務の男性巡査部長(33)を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。

監察官室によると、巡査部長は昨年4月~今年8月ごろ、同じ署の部下12人に対し、日常的に頭や腹をたたいたり、柔道の技で投げ飛ばしたりする暴力や暴言を続けた。被害者の1人が上司に報告し発覚した。巡査部長は冗談や指導のつもりだったと主張しているという。

瀬良芳紀首席監察官は「職員に対する指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。