予算案識者コメント

野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミスト「成長戦略の明確化は評価」

野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミスト
野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミスト

地方活性化にも寄与する「デジタル田園都市国家構想」といったデジタル化による成長戦略を明確にした予算編成は評価できる。デジタル庁の整備など個々の政策を組み合わせれば、東京一極集中の是正や、インバウンド(訪日外国人客)需要の再構築など潜在成長率の向上にもつながる。

ただ、令和3年度補正予算と4年度予算案を一体編成する「16カ月予算」は狙いが曖昧な政策が混載された。18歳以下への10万円給付はコロナ対策なのか子育て支援なのか意図が曖昧で、補正と当初予算のメリハリを利かせた編成にすべきだ。

会員限定記事会員サービス詳細