北京冬季五輪、一定の感染発生 組織委見通し、対策強調

北京冬季五輪でフリースタイルスキーとスノーボードのビッグエアが行われる会場=15日、北京(共同)
北京冬季五輪でフリースタイルスキーとスノーボードのビッグエアが行われる会場=15日、北京(共同)

来年2月の北京冬季五輪の大会組織委員会幹部らが23日に記者会見し、大会中に一定程度の規模で新型コロナウイルス感染者が発生するとの見通しを示した。選手や関係者を外部と接触させない「バブル方式」を徹底し、感染拡大を最小限に食い止めると強調した。

組織委幹部は新変異株「オミクロン株」の世界的流行に警戒感を示し、「さまざまな国・地域から多くの五輪関係者が中国を訪れる。会期中は一定程度の陽性者が出る可能性が高い」と説明。別の幹部も「小規模ながら集団感染も起きるだろう」と予測した。

北京冬季五輪の選手村=17日、北京市延慶区(共同)
北京冬季五輪の選手村=17日、北京市延慶区(共同)

バブルに入る各国選手・関係者は隔離が免除されるため感染拡大の危険性が高い。組織委は高機能マスク着用のほか、1日1回のPCR検査も義務付ける。会見で幹部は「入国から出国までバブル外に出ることは絶対に許さない」と述べ、市中への感染拡大を阻止する考えを強調した。(共同)

北京冬季五輪の大会組織委員会幹部らが開いた記者会見=23日、北京(共同)
北京冬季五輪の大会組織委員会幹部らが開いた記者会見=23日、北京(共同)