JR東北線で運転士の手配忘れ、9分遅延

JR東日本は23日、担当者が運転士の手配を忘れたため、東北線の福島発白石行き普通列車(2両編成)が午前10時40分の定刻から9分遅れて福島駅を出発したと発表した。乗客約80人に影響した。

同社によると、始発の福島駅まで乗務した運転士が、交代要員がいないことに気付き、担当部署に連絡した。同駅に待機していた運転士を急遽(きゅうきょ)手配したという。