速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

総入場者数は約39%増 Jリーグ年間総括

11月に行われた浦和対清水=埼玉スタジアム(蔵賢斗撮影)
11月に行われた浦和対清水=埼玉スタジアム(蔵賢斗撮影)

Jリーグは23日、今季を総括した「PUBリポート」を公表し、リーグ戦やカップ戦などを含めた年間総入場者数は503万4064人で、前年比39・3%増と改善した。新型コロナウイルスの影響による入場制限が続き、村井満チェアマンは「最高の時期と比べれば半分以下。想定通りだが、楽観視はしていない」と話した。

リーグ公式のPCR検査や自主検査などでトップチームの選手、スタッフや審判員から174人の陽性が報告され、12試合が延期されたが、日程を調整して全1122試合が開催された。来場者の陽性報告は5件あったものの、保健所に会場内での濃厚接触者と指定された例はなかった。

将来的な東京23区内でのスタジアム新設を目指し、来年1月に推進準備室を設置することも報告された。