速報

速報

北が短距離弾道ミサイル2発、平壌の空港付近から

80代父の遺体を2年放置か、死体遺棄容疑で兄弟逮捕

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

兵庫県警明石署は22日、80代の父親とみられる遺体を約2年間、自宅で放置したとして死体遺棄容疑で同県明石市鳥羽の会社員、山田和人容疑者(49)と無職の弟、拓人容疑者(42)を逮捕した。

拓人容疑者は「父の年金を頼りに生活していたので黙ったままにしていた」と認めているが、和人容疑者は「父が死んでいたことは知らなかった」と否認している。

逮捕容疑は令和元年12月ごろ、父親とみられる遺体を放置したとしている。同署によると兄弟と父親は3人暮らし。遺体は自宅の1階和室で見つかり、ミイラ化していた。目立った外傷は確認されていない。同署が死因や経緯を調べる。

22日午前に同市の福祉を担当する職員から「何度訪問しても会えない高齢者がいる」と署に通報があり、発覚した。