旧宮家の皇籍復帰案、維新代表が評価

記者団の取材に応じる日本維新の会の松井一郎代表=23日午後、大阪市役所
記者団の取材に応じる日本維新の会の松井一郎代表=23日午後、大阪市役所

日本維新の会の松井一郎代表は23日、安定的な皇位継承策などを議論する政府の有識者会議が、旧宮家の男系男子が養子縁組などで皇籍復帰する案を盛り込んだ最終報告書について「現実に即した提案だ。男系を継承していくための考え方が示されている」と評価した。

松井氏は同日の記者会見で、維新として「女性天皇は認める」立場としつつ、皇統は例外なく男系男子によって継承されてきたと強調。「そこを何とか維持できるような形が望ましいと思っている」と述べ、男系継承の原則を重んじるべきだとした。

報告書は女性皇族が婚姻後も皇室に残る案なども示した。