林外相が陳謝 関与は否定 山口県副知事書類送検

林芳正外相
林芳正外相

林芳正外相は23日、山口県の小松一彦副知事ら3人が、林氏の後援会に入るよう部下らに勧誘活動をしていたとして公職選挙法違反(公務員の地位利用)の疑いで書類送検されたことについて「お騒がせしていることを大変申し訳なく思っている。応援していただいた方々にもご心配をおかけし、おわびを申し上げたい」と陳謝した。自身の関与については「私自身は全く関知していない」と否定した。

林氏は「今回の話は報道があり、大変驚いたが、そこで承知した」と説明。秘書らが聴取を受けたかについては「捜査に協力したことはあったと聞いている」と述べた。「国民の負託に応えることで責任を果たしたい」とも語った。

林氏は10月の衆院選で山口3区から自民党公認で出馬し、当選した。