フォト特集

英通信衛星打ち上げ H2Aロケット、39回連続で成功

鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケット45号機の光跡。奥は開聞岳=23日午前0時32分から4分間露光、南九州市
鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケット45号機の光跡。奥は開聞岳=23日午前0時32分から4分間露光、南九州市

三菱重工業は23日午前0時32分、英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せたH2Aロケット45号機を種子島宇宙センター(鹿児島県)から発射した。約26分後に予定の軌道に投入され、衛星の打ち上げは成功した。本来は22日午後11時33分の予定だったが、機体の確認作業で約1時間遅らせた。問題はなかったという。

打ち上げを待つH2Aロケット45号機=22日、鹿児島県の種子島宇宙センター(三菱重工業提供)
打ち上げを待つH2Aロケット45号機=22日、鹿児島県の種子島宇宙センター(三菱重工業提供)

オンラインで記者会見した三菱重工の阿部直彦防衛・宇宙セグメント長は「5機目の海外顧客の衛星を無事に打ち上げることができて安堵している」と述べた。

2005年の7号機から39回連続での成功。インマルサットの衛星としては最大で、通信サービスの利便性向上を見込んでいる。

45号機は直径4メートル、全長53メートル。衛星が重いため、ロケットの上昇を助ける固体ロケットブースターを4本に増やして能力をアップさせた。

三菱重工によると、H2Aの海外からの打ち上げ受注は5件目。

英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット45号機=23日午前0時32分、鹿児島県の種子島宇宙センター
英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット45号機=23日午前0時32分、鹿児島県の種子島宇宙センター
英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット45号機=23日午前0時32分、鹿児島県の種子島宇宙センター
英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット45号機=23日午前0時32分、鹿児島県の種子島宇宙センター
英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット45号機=23日午前0時32分、鹿児島県の種子島宇宙センター
英国の衛星通信サービス大手インマルサットの通信衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット45号機=23日午前0時32分、鹿児島県の種子島宇宙センター
鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、上昇するH2Aロケット45号機=23日午前0時32分
鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、上昇するH2Aロケット45号機=23日午前0時32分
鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、上昇するH2Aロケット45号機の光跡=23日午前0時32分から6分間露光(魚眼レンズ使用)
鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、上昇するH2Aロケット45号機の光跡=23日午前0時32分から6分間露光(魚眼レンズ使用)
H2Aロケット45号機の打ち上げ成功を喜ぶ関係者=23日午前0時58分、鹿児島県の種子島宇宙センター
H2Aロケット45号機の打ち上げ成功を喜ぶ関係者=23日午前0時58分、鹿児島県の種子島宇宙センター