台南市議会で「台湾共和国」への名称変更の動議可決

台湾・台北市で掲げられた「青天白日満地紅旗」(ロイター)
台湾・台北市で掲げられた「青天白日満地紅旗」(ロイター)

【台北=矢板明夫】台湾南部、台南市の市議会は23日までに、台湾が正式名称としている「中華民国」から「台湾共和国」への名称変更を行政院(内閣に相当)に要請する臨時動議を可決した。動議は近く台北の行政院に送られる。

動議を提案したのは、親中派の野党、中国国民党の議員。台湾紙、自由時報などによると、22日午前、同議会で中華民国の建国の父、孫文の銅像を市中心部の公園に建てる案を審議したが、「台湾独立」志向の与党、民主進歩党が反対したため、通らなかった。

民進党の対応に不満に思った国民党の議員は「国父を冒涜(ぼうとく)している」などと叫び、「国父を認めない君たちには台湾共和国を立ち上げる勇気があるのか。その勇気がないのなら有権者をだましているだけだ」と主張し、「国名」変更を要請する動議を提案した。民進党の議員が動議に反対しなかったため、そのまま可決された。

台南市議会を取材した地元紙の記者は「台湾の国名変更問題は、中国を刺激し両岸(中台)の軍事的緊張を高める恐れがあるため、民進党議員も近年、あまり口にしていない」と指摘した上で、「国民党はこれを逆手にとって、民進党を困らせようと提案した。民進党が反対しなかったことは想定外だったはずだ」と分析している。

同動議に法的に効力はないが、台湾独立派にとってうれしい出来事だという。同市民進党の蔡旺詮(さい・おうせん)市議は、台湾メディアの取材に対し「国民党が台湾独立を支持したのは喜ばしい」と国民党の対応を揶揄(やゆ)した。