旭川中2死亡で「家庭環境に問題」と投稿、情報開示命じる判決

北海道旭川市で3月、中学2年の広瀬爽彩さん(14)が凍死体で見つかり、背景にいじめがあったとされる問題で、母親がインターネットで虚偽の事実を書き込まれ中傷を受けたとして、プロバイダー(接続業者)のソフトバンク(東京)に投稿者の情報開示を求めた訴訟の判決で、旭川地裁(バヒスバラン薫裁判官)は23日、氏名や住所などの開示を命じた。

訴状などによると、4月下旬、ソフトバンクのインターネット接続サービスを経由して、ツイッターで「家庭環境に問題がある」といった2件の書き込みが匿名の同一の投稿者からあり、名誉が傷つけられたと主張していた。

ソフトバンク側の代理人弁護士は「判決内容を精査し、対応を検討する」としている。

母親は同様の訴訟で別のプロバイダーのワークアップ(東京)も提訴。同社が自主的に情報開示に応じたため訴えを取り下げた。ただ、投稿者の特定には至らなかった。