坂本SP首位、樋口2位

女子SPで演技する坂本花織=さいたまスーパーアリーナ
女子SPで演技する坂本花織=さいたまスーパーアリーナ

フィギュアスケートの北京冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は23日、さいたまスーパーアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は坂本花織(シスメックス)がほぼミスのない演技を見せ、79・23点で首位に立った。樋口新葉(明大)が74・66点で2位につけた。

17歳の河辺愛菜(木下アカデミー)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、74・27点で3位。宮原知子(木下グループ)が73・76点で4位、三原舞依(シスメックス)が73・66点で5位となった。2連覇中だった紀平梨花(トヨタ自動車)は右足首の疲労骨折で欠場した。

大会は26日までで男女各3枠、アイスダンス1枠の五輪代表を争う。24日に男子SPなどが行われる。