海自護衛艦と海保巡視船が共同訓練、尖閣想定か

訓練を行う海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」(手前)と海上保安庁の巡視船「あぐに」(中央)=22日(海上自衛隊提供)
訓練を行う海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」(手前)と海上保安庁の巡視船「あぐに」(中央)=22日(海上自衛隊提供)

海上自衛隊は23日、海上保安庁と東京都・伊豆大島の東方海域で22日、共同訓練をしたと発表した。海保からは沖縄県・尖閣諸島周辺の警備に専従している巡視船が参加。双方の情報共有や護衛艦と巡視船が連携して、対処する手順を確認した。尖閣への中国艦艇の接近を想定したとみられる。

海自によると、海保から参加した巡視船は、沖縄県の石垣海上保安部所属の「あぐに」など計2隻。海自は護衛艦「たかなみ」と「やまぎり」を投入した。海自の部隊運用を束ねる自衛艦隊司令部も加わった。

海自と海保は平成11年から継続的に訓練しており、今回で23回目となった。