コロナワクチン 5~11歳接種は3月以降

厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

厚生労働省は23日、5~11歳の子供を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種について、接種開始は来年3月以降となるとの見通しを示した。同日開かれたワクチン分科会で明らかにした。これまで厚労省は、早ければ来年2月にも接種開始の可能性があるとしていた。

米製薬大手ファイザーは11月、5~11歳への対象拡大の承認を厚労省に申請。安全性や有効性の審査で問題ないと判断されれば、薬事承認される。厚労省は来年1月下旬以降に分科会を開き、予防接種法上の「臨時接種」に位置付けるかどうかを議論するとした。ただ接種の「努力義務」を課すなどして強く推奨することについては、専門家から慎重意見も出ている。

23日の会合では、国立感染症研究所の鈴木基感染症疫学センター長らが、接種対象者を11歳以下に拡大した場合、世代別の症例数や重症例数がどう変化するかについて、試算を公表。11歳以下の重症化率は中高年世代に比べて低いものの、ワクチンを接種していない状態で流行が拡大すると、重症例の発生は増加すると指摘。接種を拡大すれば、11歳以下での重症例の発生は抑えられるとした。