NY株続伸、261ドル高 新変異株への懸念後退で

米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比261・19ドル高の3万5753・89ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大への懸念が後退し、買いが優勢となった。

米食品医薬品局(FDA)が、米ファイザーが開発した新型コロナ治療薬の緊急使用を許可したことを受け、感染拡大が抑制されるとの期待が高まった。朝方発表された米消費関連の指標が改善したことも、投資家心理を支えた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、180・80ポイント高の1万5521・89。

個別銘柄では、ITのマイクロソフトや建設機械のキャタピラーの上昇が目立った。保険のトラベラーズは売られた。(共同)