外相に外交ボイコット早期決断を要請 自民外交部会

佐藤正久外交部会長
佐藤正久外交部会長

自民党の外交部会(佐藤正久会長)と外交調査会(衛藤征士郎会長)は23日、来年2月の北京冬季五輪に関し「政府の公式代表団を派遣しないことを速やかに決定・公表すべきだ」とする決議をまとめ、佐藤、衛藤両氏が林芳正外相に申し入れた。

決議では「国際社会から新疆ウイグル、チベット、香港などにおける人権状況への強い懸念が示されている。人権は普遍的価値であり、国際社会の正当な関心事項であることから、一国の内政問題にとどまるものではない」と指摘。米国や英国などが政府の公式代表団を派遣しない方針を発表したことに触れ、政府に早期の決断を求めた。林氏は申し入れに対し「意見を岸田文雄首相とも共有したい」と応じたという。