九電と西部ガス、北九州でLNG火力発電所を共同建設

天然ガス火力発電所の共同建設計画を発表した九州電力の池辺和弘社長(右)と西部ガスの道永幸典社長
天然ガス火力発電所の共同建設計画を発表した九州電力の池辺和弘社長(右)と西部ガスの道永幸典社長

九州電力と西部ガスは23日、北九州市若松区で、液化天然ガス(LNG)火力発電所を共同建設することを決めたと発表した。出力は62万キロワットで、令和7年度末の運転開始を目指す。予定地は「ひびきLNG基地」(北九州市若松区)の隣接地で、4年4月に、九電が8割、西部ガス側が2割を出資し、運営会社を設立する。

新しい天然ガス火力発電所の完成イメージ図(画像中央破線内、提供写真)
新しい天然ガス火力発電所の完成イメージ図(画像中央破線内、提供写真)

発電方式には、蒸気だけでなく排ガスも利用してタービンを回す最新鋭のコンバインドサイクル発電を採用。天然ガスと水素の混焼が可能な機器を導入し、運転に伴う温室効果ガスの低減を目指す。

九電の池辺和弘社長は「この開発を機に、(西部ガスと)協力して九州でのカーボンニュートラル実現や、安定かつ効率的な電力供給につながる仕組み作りを進めていきたい」と述べた。一方、西部ガスの道永幸典社長は「豊富な知識、経験を有している九電の力を借りながらよりよいものにしたい」と語った。

今回の発電所新設計画が持つ意義は大きい。

九州電力にとっては、老朽化が進む火力発電所を最新鋭に置き換える際の選択肢になり、効率化による燃料費の削減はもちろん、2050年までにグループで排出する温室効果ガスについて、発生量以上に削減する「カーボンマイナス」を達成する上でも武器になる。