首相、市中感染備え強調「検査、治療加速」

新型コロナウイルスの「オミクロン株」の市中感染が大阪府内で確認されたことを受け記者団の取材に応じる岸田文雄首相=22日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
新型コロナウイルスの「オミクロン株」の市中感染が大阪府内で確認されたことを受け記者団の取材に応じる岸田文雄首相=22日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は23日、新型コロナウイルスのオミクロン株で22日に初めて報告された市中感染に関し、政府として万全の備えを取っていると強調した。東京都内の会合で「(11月末からの)水際対策強化で得られた時間的余裕を使い、予防、検査、早期治療という一連の流れを強くする取り組みを加速してきた」と述べた。

病床や宿泊施設の確保、医療機関の連携強化を挙げて「官邸主導で拍車を掛け、コロナとの闘いに備えている」とも語った。

会員限定記事会員サービス詳細