2人乗りEV一般発売 トヨタ、リース契約で

トヨタ自動車の超小型電気自動車(EV)「シーポッド」
トヨタ自動車の超小型電気自動車(EV)「シーポッド」

トヨタ自動車は23日、2人乗りの超小型電気自動車(EV)「シーポッド」を個人向けを含め一般発売したと発表した。搭載電池のリサイクルなどを目的にリース契約のみで販売し、全国のトヨタ販売店などで23日から取り扱いを開始した。

リースの料金プランは取扱店によって異なるとしている。車両価格や保険料などを加味して設定される。リースで確実に車両を回収し、資源の再利用を推進する。販売目標は年2千台。

シーポッドは2020年12月に一部の法人や自治体向けに発売し、21年11月時点で累計約170台を販売した。車両の希望小売価格は165万円からとした。全長約2・5メートル、幅約1・3メートルで軽自動車より小さく、最高時速は60キロ。家庭のコンセントでも充電でき、フル充電から最長150キロ走行する。