首相「コストでなく未来の投資」経団連に賃上げ要請

岸田文雄首相
岸田文雄首相

岸田文雄首相は23日、東京都内で開かれた経団連の会合に来賓として出席し、「デフレから脱却し、成長できる経済を作り上げる観点からも多くの企業がそろって賃上げをしていくことが重要だ」と述べ、経済界に賃上げを重ねて要請した。

首相は、成長と分配の好循環を目指す新しい資本主義に言及し、「分配戦略の柱は企業による賃上げと人への投資だ」と強調。「人が価値を生む経済で、賃上げを通じた分配はコストではなく未来への投資だ」と訴えた。

その上で、政府として「あらゆる手段を講じて企業が賃上げしようと思える雰囲気を醸成していく」と明言。賃上げに積極的な企業の法人税を軽減する「賃上げ税制」を強化するほか、賃上げする中小企業で価格転嫁を円滑に行えるよう後押しする考えなどを示した。