マックが紙製ストロー先行導入 来年2月から横浜で

日本マクドナルドが令和4年2月に横浜市などの30店舗で提供を始める木製カトラリー類と紙製ストロー(同社提供)
日本マクドナルドが令和4年2月に横浜市などの30店舗で提供を始める木製カトラリー類と紙製ストロー(同社提供)

ハンバーガーチェーンを展開する日本マクドナルドは22日開いた記者説明会で、客に提供するスプーン・フォークなどのカトラリー類とストローをプラスチック製から木製や紙製へ切り替え、令和4年2月に横浜市などの30店舖で先行導入すると発表した。同年4月に施行されるプラごみ削減に向けた新法「プラスチック資源循環促進法」への対応の一環で、導入後の客の反応などを踏まえ、全国展開に向けた検討を進める方針だ。

同法では、使い捨てが前提のプラ製品12品目について、素材の変更や無料を有料化するといった提供方法の見直しなどを求めている。食品を販売する小売りや宅配事業者ではカトラリー類とストローが対象で、企業にとって法令順守の観点からも対応策の検討・導入が課題となっている。

日本マクドナルドは今回の素材の切り替えにあたり、紙製ストローでは粘度の高いシェイク類を飲み終わるまで強度を維持できるように工夫し、サラダ類の販売とあわせて提供する木製カトラリーは割れなどが起きない堅い木材を選定したとする。プラ製よりもコスト増となるが、無償提供を継続する。

プラ製から木製・紙製へ全量(令和2年度出荷数ベース)を切り替えた場合、約900トンのプラ削減効果があると試算する。一方、子供に提供する曲がるストローは「紙製では難しい」(担当者)としてプラ製を継続する。