菅前首相、拉致問題未解決「大変申し訳ない」

菅義偉前首相(春名中撮影)
菅義偉前首相(春名中撮影)

自民党の菅義偉前首相は22日午前のラジオ日本番組で、首相在任中にやり残したこととして北朝鮮による日本人拉致問題をあげ、拉致被害者全員の帰国が実現できていない現状について「(拉致被害者の)ご家族も高齢化する中で大変申し訳ないという思いでいっぱいだ」と陳謝した。

また、菅氏は来年2月の北京冬季五輪に政府使節団などを派遣しない「外交的ボイコット」について「五輪・パラリンピックの理念を十分踏まえた上で、わが国の国益を考えて最高責任者である岸田文雄首相が適切な判断をされると思っている」と述べた。