大阪国際女子マラソン 中村佑介さんのメインビジュアル発表

第41回大阪国際女子マラソンのポスタービジュアル(イラスト/中村佑介)
第41回大阪国際女子マラソンのポスタービジュアル(イラスト/中村佑介)

来年1月30日に開催される「第41回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)の大会ポスターなどに使われるメインビジュアルを、人気イラストレーターの中村佑介さん(43)が手がけることになり、大会事務局が21日発表した。

中村さんは、ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のCDジャケットや小説「謎解きはディナーのあとで」の書籍カバーなど、多種多様なイラストを手がけてきたことで知られる。

メインビジュアルは、3人の女性ランナーがさまざまな動物とともに駆ける姿を色鮮やかでポップな画風でデザイン。大阪から2024年パリ五輪を目指す選手たちの思いを踏まえ、背景には通天閣やエッフェル塔など、それぞれのランドマークがあしらわれている。

中村さんは「大阪というにぎやかな街で開催すると同時に、パリ五輪への布石であることも踏まえ、女性マラソンの躍動感と華を表現した」とコメント。「新型コロナウイルス禍だからこそ、選手たちのように、少しずつ少しずつゴールに近づいているんだということが信じられるエネルギーとして共有できれば」とメインビジュアルに込めた思いも寄せた。