沖縄・米軍基地のクラスターは215人に

記者会見する松野官房長官=22日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=22日午前、首相官邸

松野博一官房長官は22日の記者会見で、沖縄県の米軍基地キャンプ・ハンセンで発生した新型コロナウイルスの大規模クラスター(感染者集団)について、同日朝までに米側から少なくとも215人の感染が確認されたと報告があったことを明らかにした。

松野氏によると、米側は基地での陽性者について、新変異株「オミクロン株」の可能性を念頭に検査を進め、日本側と情報共有することを報告した。独自に米国の本国に検体を送り、ゲノム解析も行うという。

一方、同基地所属の米兵が21日未明、酒気帯び運転の現行犯で沖縄県警に逮捕された事件に関しては、「地元の皆さまに大きな不安を与えるものだ。(米側に)遺憾の意を伝え、綱紀粛正および再発防止を強く申し入れた」と述べた。