山口県副知事を聴取 衆院選巡り公選法違反か

10月末に投開票された衆院選山口3区で当選した自民党の林芳正外相の後援会に入るよう勧誘活動をした疑いがあるとして、山口県警が小松一彦副知事(65)を事情聴取していたことが22日、複数の関係者への取材で分かった。県警は他の県職員らからも聴取しており、公選法違反(公務員の地位利用)に問える対象を絞り込んだ上で、23日にも書類送検する方向だ。

山口3区を巡っては、自民党二階派に所属していた元職の河村建夫元官房長官と参院議員からくら替え出馬する意向を示した岸田派の林氏が公認争いを繰り広げた。県庁内でも組織的な運動が展開された可能性が指摘されている。

小松氏は昭和54年に山口県庁に入庁。健康福祉部長や公営企業管理者を経て昨年4月に副知事に就任した。