地方に勝機

世界初のこくわ紅茶が完成 「希少な味わい」 山形県飯豊町

ティ-バッグ型の世界で初めてのこくわ紅茶。マスカットのような香りが特徴だ(柏崎幸三撮影)
ティ-バッグ型の世界で初めてのこくわ紅茶。マスカットのような香りが特徴だ(柏崎幸三撮影)

山形県飯豊(いいで)町で栽培されてきたコクワの葉でつくったこくわ紅茶「いいであい」ができ上がり、販売が始まった。スッキリした味ながら深みを持つ紅茶で、開発した栽培農家の八嶋剛寛(やしまたけひろ)さん(35)は「コクワの葉を使った紅茶は世界で初めて。希少な味わいを楽しんでみてほしい」とし、地域の活性化に役立てたいと意気込む。

珍重されてきたコクワ

コクワは、標高600メートル以上の山岳地帯に自生するマタタビ科の落葉性つる植物サルナシの果実。6月ごろに梅のような香りの花を咲かせ、9月ごろに緑色の甘い香りのする果実をつける。キウイフルーツに似た味で、滋養強壮の果実として珍重されてきた。

コクワの実と葉。これでこくわ紅茶ができる(八嶋剛寛さん提供)
コクワの実と葉。これでこくわ紅茶ができる(八嶋剛寛さん提供)

飯豊町では、町内に自生していたコクワを、水田の転作作物として昭和60年ごろから栽培してきた。10軒ほどの農家に広がり、コクワの実を使ったワインなどをつくってきた。

八嶋さんの家でも祖父の代からの30年以上、コクワを栽培。八嶋さんは大学卒業後、千葉県内で会社員をしていた平成31年、父親の吉光さん(67)から「そろそろ戻ってきて農業を継がないか」と言われた。「どうせ継ぐなら、地元、地域のためになることをしたい」と、生産から加工、販売まで担う「6次産業」化できるものを目指そうと考えた。

フレーバーティーに

思案する八嶋さんが出会ったのが、宇都宮市で「世界のお茶の専門店『Y‘s tea』」を営む根本泰昌さん(49)。八嶋さんは、根本さんが全国各地で展開してきた「ご当地紅茶」にほれ込み、令和元年12月、コクワの葉で紅茶がつくれないかと相談した。

昨年12月にはこくわ紅茶を使った地域おこしを進めるため、八嶋さんは飯豊こくわてぃ協議会を立ち上げ代表に。くわ紅茶の開発から販売戦略などを検討してきた。