国交相のJRリニア工事指導「感謝に堪えない」 静岡知事

リニア中央新幹線静岡工区の着工には地元の理解が不可欠と改めて強調した川勝平太知事=22日、県庁(田中万紀撮影)
リニア中央新幹線静岡工区の着工には地元の理解が不可欠と改めて強調した川勝平太知事=22日、県庁(田中万紀撮影)

リニア中央新幹線静岡工区に伴う環境影響をめぐり斉藤鉄夫国土交通相がJR東海の金子慎社長に異例の行政指導を行ったことについて、静岡県の川勝平太知事は22日の記者会見で「感謝に堪えない。厚く御礼を申し上げたい」と斉藤氏への謝意を示した。その上で、国交省の有識者会議がまとめた中間報告に関し「県民に正確に理解していただくことが大事。分かるように真摯(しんし)に継続して地元に説明しなさいと大臣が指導した」と述べ、JRに中間報告や指導に沿った丁寧な説明を行うよう重ねて求めた。

斉藤氏は金子社長と21日に面会し、南アルプス山中でのトンネル掘削に伴うリスク対応、影響の有無のモニタリング実施に加え、流域住民が水不足で苦しんだ歴史的経緯を踏まえて不安や懸念を払拭するよう指導。「地域の理解と協力が何にもまして不可欠」とも強調していた。

川勝氏は会見で、中間報告について「(影響が)『極めて小さい』というのは水を全部戻すことが前提と書かれている」と指摘。工事期間中に県外流出するトンネル湧水を戻さない場合は「全量戻しとはならない」と記されたこと、また全量戻しを表明したJRに対し「関係者の納得が得られるように具体的方策などを協議すべきだ」と明記されたことも強調し、「県も専門部会で中身を詰めていく」と語った。

水問題以外にも、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のエコパークである南アルプスの生態系への影響も今後の「大きな議論」になると指摘。JRは影響が出る可能性がある魚を別の沢に移す「代償措置」案を提示、県の専門部会は「そもそも影響を回避、低減する方法を検討する姿勢が見られない」と反発している状態で、川勝氏は「代償措置をせざるを得ない状況になるのはふさわしくない。代償措置をそもそも認めるかどうかは論点になる」とした。