速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

オミクロン株、国内初の市中感染か 大阪の渡航歴ない家族3人

新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

大阪府は22日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に新たに男女4人が感染したと発表した。うち30代の男女2人と10代未満の女性1人の計3人は同一家族で海外への渡航歴がなく、感染経路は不明。府は市中感染の可能性が高いとみて、濃厚接触者らを調べている。国内で市中感染の疑い事例が明らかになるのは初めてとみられる。

吉村洋文知事は22日の対策本部会議で、3人の感染について「市中感染にあたる」との認識を表明。「府民におかれては市中感染があることを前提に基本的な感染対策の徹底をお願いしたい」と呼びかけた。

府などによると、3人はいずれも発熱の症状があるが軽症で、すでに入院している。18~20日にかけてそれぞれ発症し、ゲノム解析をした結果、オミクロン株への感染が判明した。

残りの1人は18日に関西国際空港から入国した30代男性。トルコへの渡航歴があり、無症状という。