ロシア、独2外交官追放決定

ロシア国旗(ロイター)
ロシア国旗(ロイター)

ロシア外務省は20日、ドイツの駐ロ大使を呼び、モスクワのドイツ大使館に勤務する外交官2人を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」とし国外退去させると伝達した。インタファクス通信が伝えた。

今月15日にドイツの裁判所が、ベルリンでジョージア(グルジア)人男性を2019年に射殺したとして殺人罪に問われたロシア治安機関関係者に終身刑を言い渡し、これに関連してドイツ政府がロシア外交官2人の追放を決めたことへの報復。

ロシアは、ドイツ裁判所の決定は政治的で、追放が決まった外交官は事件に無関係だと説明している。(共同)