EU、ノババックス承認 コロナワクチン、5例目

米ノババックスの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)
米ノババックスの新型コロナウイルスワクチン(ロイター)

欧州連合(EU)欧州委員会は20日、米バイオテクノロジー企業ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンの販売を承認した。18歳以上が対象で、3週間の間隔を空けて2回の接種が必要。EUでのコロナワクチン承認は5例目。フォンデアライエン欧州委員長は声明で「新変異株のオミクロン株が急速に拡大し、ワクチン接種やブースター接種(追加接種)を促進する必要がある今、承認は特に喜ばしい」と述べた。

これに先立ち、EUの医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は20日、大規模な臨床試験の結果、約90%の有効性が確認できたとして、販売承認を勧告していた。ただEMAは、オミクロン株への有効性については「限られたデータしかない」としている。(共同)