日大前理事長、保釈 保証金6千万円納付

田中英寿被告
田中英寿被告

所得税法違反(過少申告)罪で東京地検特捜部に起訴された日本大学前理事長の田中英寿被告(75)について、東京地裁は21日、保釈を認める決定をした。保釈保証金は6千万円で、即日納付された。東京地検は不服を申し立てず、田中被告は同日午後7時過ぎ、勾留先の東京拘置所から保釈された。田中被告の弁護人が20日に保釈を請求していた。

田中被告は20日に所得税計約5200万円を脱税したとして、特捜部に同法違反罪で起訴されていた。関係者によると、起訴内容を認めている。