武蔵野市条例案否決も再提出検討 松下市長

本会議でを終え、記者団の前で発言する松下玲子市長=21日午後、東京都武蔵野市(酒巻俊介撮影)
本会議でを終え、記者団の前で発言する松下玲子市長=21日午後、東京都武蔵野市(酒巻俊介撮影)

東京都武蔵野市議会で21日、日本人と外国人を区別せずに投票権を認める住民投票条例案が否決されたことを受け、松下玲子市長は「市議会では市民への周知が足りなかったとの意見があった」と述べ、市民の声をさらに聞き改めて条例案を検討する意向を示した。

>外国人住民投票条例案が否決 東京・武蔵野