同僚の金盗んだ空士免職 「ギャンブルに」入間基地

航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)は21日、同僚隊員の財布から現金3万3千円を盗んだとして、航空戦術教導団電子作戦群の20代男性空士を懲戒免職処分とした。

同基地によると、昨年8月22日午後11時半ごろ、寮で同僚が落とした財布入りのエコバッグを部屋に持ち帰り、現金を抜き取ったとしている。「ギャンブルに使った」と認めており、窃盗容疑で書類送検され、昨年10月に起訴猶予処分となった。