群馬県が3月に開設 前橋にデジタルクリエイティブセンター

3月上旬の開設を予定する「デジタルクリエイティブセンター」のパース図(群馬県提供)
3月上旬の開設を予定する「デジタルクリエイティブセンター」のパース図(群馬県提供)

群馬県は、デジタル人材の育成拠点となる「デジタルクリエイティブセンター」(仮称)を3月上旬にも前橋市内に開設すると明らかにした。小中高校生らがデジタル技術を駆使して取り組む創作活動を支援し、新たな産業の担い手を育てる。

県によると、新施設はJR前橋駅前の複合施設「アクエル前橋にオープン。庁内から名称を公募し、応募62件の中から「tsukurun-GUNMA CREATIVE FACTORY(ツクルン・ぐんま・クリエイティブ・ファクトリー)」と決めた。

約145平方メートルの施設内にはコンピューターや3Dプリンターなど最新のデジタル機材を装備。利用者は3次元コンピューターグラフィックスや仮想現実(VR)など最先端のデジタル技術を学んだり、ゲームやアニメーション、動画などの創作活動などに取り組むことができる。

また、創作作品を発表する機会を設け、仲間づくりの拠点とすることも目指す。

今年度のセンター整備・運営費は約2千万円。令和4年度以降は運営を民間事業者に委託する。