健康上のワクチン未接種者、子供へ無料検査実施 和歌山県

新型コロナウイルスの緊急事態宣言時でも行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」で、和歌山県は21日、基礎疾患や副反応の懸念など健康上の理由でワクチンを未接種の人(ワクチン接種者は対象外)や12歳未満の子供を対象に、PCR検査などを無料で実施すると発表した。22日から検査のできる医療機関や薬局などの実施事業者を募集。来年1月15日までに検査体制を整備し、3月末まで実施するとしている。

ワクチン・検査パッケージは、ワクチンの接種証明や検査での陰性証明を示すことで、緊急事態宣言時など感染拡大期にも行動制限を緩和する制度。政府の観光支援策「GoToトラベル」や民間独自の割引サービスなどへの活用を想定している。

検査は原則、予約不要。検体を採取し、PCR検査や抗原検査を実施して結果の通知書を発行する。

検査結果の有効期限は、PCR検査が検査日を含めて4日間、抗原検査が2日間としている。検査にかかる費用は無料。

また県は、感染拡大時でもワクチン・検査パッケージ制度を利用し、利用者の行動制限を緩和した運用ができる飲食店やカラオケ店などの事前登録の受け付けも始める。

県の認証取得と事前登録が必要。利用者の入店時に、ワクチン接種歴や検査結果の陰性証明を確認すれば行動制限を緩和した運用が可能になる。

具体的には、飲食店では人数の上限なく会食することができるほか、カラオケ店では収容率の上限を50%とし、カラオケ設備の提供が可能になる。

仁坂吉伸知事は21日の定例会見で「県ではあまり時短(営業)などの要請をしなかったが、制度を活用することで(感染拡大時も)経済への打撃が少なくなる」と話した。

22日から電話相談窓口(073・441・2907、午前9時~午後5時45分)を設置する。ただし、庁舎電気設備工事のため26日と、年末年始の29日~来年1月3日は除く。