詐欺に注意を ピクトグラムで呼び掛け 埼玉県警

ピクトグラムを使って特殊詐欺への注意を呼び掛ける動画(埼玉県警熊谷署提供)
ピクトグラムを使って特殊詐欺への注意を呼び掛ける動画(埼玉県警熊谷署提供)

年末に特殊詐欺の被害件数が増加する傾向を踏まえ、埼玉県警熊谷署は、絵文字「ピクトグラム」を用いた注意喚起の動画を作り、同県熊谷市のJR熊谷駅東口や市役所正面玄関などの電光掲示板で放映している。来年3月ごろまで続ける予定だ。

東京五輪開会式のパフォーマンスでピクトグラムが注目されたことを受け、幅広い世代にアピールしようと企画した。動画は1回30秒間で、在宅中も留守番電話に設定しておくことや詐欺と思われる電話を受けたら警察に通報することなどを、視覚に訴えかける形で呼び掛けている。

県警によると、昨年12月に県内で確認された特殊詐欺の被害件数は115件で、前月よりも37件多かった。

熊谷署の担当者は「被害に遭いやすい高齢者らの印象に残り、防止につながれば」と話している。(深津響)