サルもたき火でぽかぽか 愛知の日本モンキーセンター

たき火に当たり暖を取るヤクシマザル=21日午前、愛知県犬山市の日本モンキーセンター
たき火に当たり暖を取るヤクシマザル=21日午前、愛知県犬山市の日本モンキーセンター

愛知県犬山市の日本モンキーセンターは21日、鹿児島・屋久島に生息するヤクシマザルがたき火に当たり、暖を取る様子を報道陣に公開した。冬至の22日と来年1月末までの土日祝日、正月三が日は、一般の来園者も観察できる。

約140匹のサルは、入れ代わり立ち代わり火を取り囲み、背中をあぶったり、毛繕いし合ったりしながら、くつろいだ表情に。職員が、たき火の下からサツマイモを掘り出すと、一斉に群がり、湯気の上がる熱々の焼き芋にかじりついていた。

たき火に当たり暖を取るヤクシマザル=21日午前、愛知県犬山市の日本モンキーセンター
たき火に当たり暖を取るヤクシマザル=21日午前、愛知県犬山市の日本モンキーセンター

飼育員の山田将也さん(34)は「寒い冬に暖まるのはサルにも必要なのか、顔色もよく見えた」と話した。

センターによると、1959年の伊勢湾台風で出た倒木や廃材で職員がたいた火にサルが近づいてきたのがきっかけで、園の冬の風物詩になっている。

たき火に当たり暖を取るヤクシマザル=21日午前、愛知県犬山市の日本モンキーセンター
たき火に当たり暖を取るヤクシマザル=21日午前、愛知県犬山市の日本モンキーセンター