政府、輸出拡大の戦略改定 農産物の海外市場開拓

農林水産物・食品の輸出拡大に向けた関係閣僚会議であいさつする松野官房長官(左)=21日午前、首相官邸
農林水産物・食品の輸出拡大に向けた関係閣僚会議であいさつする松野官房長官(左)=21日午前、首相官邸

政府は21日、農林水産物・食品の輸出拡大に向けた関係閣僚会議を首相官邸で開き、令和4年に取りまとめた「輸出拡大実行戦略」の改定を決定した。海外市場での一層の需要開拓につなげる。3年は牛肉や日本酒の輸出が好調で、年間輸出額が初めて1兆円を突破したことも報告した。

閣僚会議には松野博一官房長官や金子原二郎農相が出席した。松野氏は「わが国の輸出力のさらなる強化を図る」と述べ、3年の輸出額は1兆1千億円台が視野に入ってきたと説明。日本産の統一ブランド確立に向け、4年の通常国会に農林水産物・食品輸出促進法改正案の提出を目指すことなどを確認した。

政府は日本が海外で強みを持つ重点品目について、事業者組織を「品目団体」として法的に認定し、支援を強化する方針。