G7外相、香港選挙を非難 中国に「権利尊重」要求

20日未明、香港立法会選挙の開票作業を続ける職員ら=香港(共同)
20日未明、香港立法会選挙の開票作業を続ける職員ら=香港(共同)

日米欧の先進7カ国(G7)外相は20日、親中派が議席をほぼ独占した香港立法会(議会)選挙を受けて共同声明を発表し、選挙制度の民主主義的な原理を侵すものだとして「深刻な懸念」を表明した。香港の自由や基本的権利を尊重し、権利擁護に努める市民らへの不当な迫害を終わらせることも求めた。

これとは別に、米英豪とカナダ、ニュージーランドの5カ国外相が共同声明で「香港の自由を弱体化させる行為」だと非難したほか、欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表も単独の声明で「遺憾」の意を表明。民主主義国が結束し中国に圧力をかけた形だ。

G7の声明は、民主派に有利な直接選挙枠が大幅に減らされるなど、中国の習近平指導部が主導した今年の選挙制度の見直しに言及。「一国二制度」における香港の「高度の自治」をむしばむものだと批判した。(共同)